フィーチャーイメージ

ウェブスリー

Spaziocryptoと共に、暗号通貨のデジタル進化における革命であるWeb3のコンセプトに浸ってください。Web3が、分散化とP2Pインタラクションを特徴とするインターネットの次のフェーズをどのように形成しているかを理解することができます。先進的なブロックチェーンプロトコルから、スマートコントラクトやブローカーレスアプリケーションなどの分散型サービスまで、Web3は私たちのオンライン体験を再定義しています。

25 Posts

ブロックチェーンの相互運用性:徹底ガイド

ブロックチェーンにおける相互運用性とは、システムやネットワークが互いに通信し、効果的に相互作用する能力を示すものであり、ブロックチェーンの可能性を最大限に引き出し、真にグローバルで相互接続されたエコシステムを構築するために不可欠なものである。

DAppとは?分散型アプリケーション

ブロックチェーンとスマートコントラクトの出現により、DAppsは従来のアプリケーションに革命を起こし、分散化、透明性、ユーザーの自律性という新しい視点を提供している。 では、DAppとは何か? DApp(分散型アプリケーション)とは、ブロックチェーンなどの分散型ネットワーク上で動作するソフトウェア・アプリケーションのことです。DAppsは、中央の制御機関なしで動作するように設計されており、スマートコントラクトを使用して、以下を自動化する。

暗号ガス料金:それは何ですか?何のため?

ガス代」とは、ブロックチェーン上でトランザクションを実行するために必要な計算リソースの量を指す。ガス料金はこうした取引に関連するコストであり、その重要性はブロックチェーンネットワークのセキュリティと効率性を確保する上で明らかである。手数料はネットワークの負荷やその他の要因によって大きく変化する可能性があり、手数料の仕組みや取引への影響を理解することは、積極的に参加したい人にとって不可欠です。

伝統的金融とDeFiの違いとチャンス

近年、分散型金融(DeFi)の出現により、金融の世界は驚くべき進化を遂げました。このSpaziocrypto Web3ガイドでは、伝統的な金融とDeFiの違いと類似点を探り、両者の統合の将来的な展望を概説する。伝統的な金融が長い間、金融機関の主役であったのに対し、DeFiはブロックチェーンやスマートコントラクトといった新たな技術に基づく全く新しいパラダイムを提供しています。 伝統的な金融の基本概念 伝統的な金融は、何世紀にもわたって発展してきた資本および投資管理の確立されたシステムです。伝統的な金融市場で使用される金融判断や金融商品の基礎となる一連の基本原則と概念に基づいています。 金融市場 伝統的な金融市場は、投資家やトレーダーが株式、債券、デリバティブなどの金融商品を売買する場所です。 株式と債券 株式は企業の一部の所有権を表し、保有者には利益分配や企業決定における議決権などの権利が与えられる。 ポートフォリオと分散投資 分散投資は、金融ポートフォリオを構築する上で重要な概念です。様々な資産に投資することで、同じ市場環境でも投資先によって反応が異なるため、ポ

SECと暗号通貨:コモディティトークンとセキュリティトークン

Spacecryptoは、暗号通貨の証券または商品としての分類に関する進行中の議論に飛び込みます。米国では、この2つの分類は別々の政府機関によって規制されており、販売、上場、規制違反の場合の法的措置の可能性に大きな影響を与えます。 この問題は何年も未解決のままであり、暗号通貨市場に存在する多様性を考慮すると、単一の決定が下されることはなく、検討中のトークンによって異なる可能性が高いです。 この記事の目的は、証券トークンと商品トークンの違いを探り、暗号通貨に対するこのような分類の意味を明らかにすることです。 証券と商品とは このトピックを深く掘り下げるために、この2つの金融商品の定義から始めましょう。 証券 - 金融証券: 証券は、株式、債券、デリバティブなど、発行者に債権を与える金融商品であり、証券取引委員会(SEC)によって規制されています。1946年の判決では、有価証券の販売は「投資契約」であると定義され、有価証券に資金を投資する者は「プロモーターまたは第三者の努力のみから利益を期待する」ことを示している。「Howeyのテストによれば、ある商品が、主として他人の努力

ブロックチェーンにおける神託の役割

2009年にビットコインが登場して以来、ブロックチェーンはデジタル取引の概念と管理方法に革命をもたらした。不変の分散型台帳に基づくこのテクノロジーは、中央仲介者の必要性を排除し、新たなセキュリティパラダイムを導入した。しかし、ブロックチェーンは金融取引を安全に処理できるものの、外部との接続には限界があり、デジタルと物理的なものの間にギャップが生じている。そこで登場するのが「オラクル」という概念だ。オラクルは、ブロックチェーンと外の世界との橋渡しの役割を果たし、ブロックチェーン取引に実際の最新データを含めることを可能にする。 外部情報のニーズ:オラクル ブロックチェーンはデジタル取引のセキュリティを確保する一方で、現実世界のデータに直接アクセスすることができないため、その影響は限定的です。 リアルタイムデータとスマート取引 例えば、ある商品の価格が一定のレベルに達するなど、現実世界の特定の条件が満たされたときにのみトリガーされるスマート契約を想像してみてください。外部データへのアクセスがなければ、この機能は幻想のままです。 外部情報の信頼性の課題 外部データの統合は、信

ビットコインETFに関するSECの虚偽ツイート

暗号通貨の世界では、期待と同時に重要な局面を迎えているが、昨日1月9日、市場は予想外の出来事に揺れた。当局が初のビットコインETFの承認を議論する中、衝撃的なエピソードが皆の注目を集めた。米証券取引委員会(SEC)の公式ツイッターアカウントがハッキングされ、ビットコインETFの正式承認に関する偽ツイートが拡散されたのだ。ゲーリー・ゲンスラー委員長は数分以内にこのニュースを否定し、アカウントが侵害されたことを明らかにした。しかし、このエピソードの背後には何があるのだろうか?真実か、市場操作か、それともツイートの単純なプログラムミスか?権威ある情報筋の中には、SECのツイッター・アカウントの2FAに関連する番号を狙ったsim swap攻撃の可能性を示唆する者もいる。 期待通りの発表 1 月9日午後10時11分、SECの主要な投資家保護機関であるツイッターアカウントSECがハッキングされ、待望のビットコインETFの承認を発表するツイートを投稿。 ゲーリー・ゲンスラーの否定 ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長は、ツイッターアカウントが侵害されたこと、そして投稿はビットコインETFを支

スケーラビリティのトリレンマ

ブロックチェーン・ネットワークは、私たちがデジタル取引を考え、管理する方法に革命をもたらしましたが、スケーラビリティのトリレンマという基本的な課題に直面しています。 分散化の魅力 分散化は、このトリレンマの最初の要素を表しています。相互接続がますます進む世界では、中央集権的な管理から逃れるという考え方が非常に重要になっている。単一のコントロールポイントを持たない分散型ネットワークの有望性は、暗号通貨の革新者や支持者の想像力をかきたてる。しかし、この分散化には課題がないわけではない。 セキュリティの柱 トリレンマの2つ目の柱は、金融取引や機密データに関しては譲れない要素であるセキュリティに焦点を当てています。ブロックチェーン・ネットワークは、サイバー攻撃や操作などの脆弱性の脅威に耐えなければなりません。 スケーラビリティの要件 3つ目の頂点は、スケーラビリティです。暗号通貨や分散型アプリケーションの採用が進むにつれ、より多くのトランザクションを処理する能力が重要になっています。しかし、スケーラビリティを向上させるソリューションは、分散化やセキュリティに影響を与える可