フィーチャーイメージ

デファイ

Spaziocryptoのこの専用セクションで、Decentralised Financeの略である「DeFi」の意味について詳しく学びましょう。DeFiのコンセプトが金融セクターを根本的に再定義し、従来の仲介業者からブロックチェーンベースのプロトコルにパワーをシフトしていることを学びます。融資から取引、保険まで幅広いサービスを提供するDeFiが、いかにオープンでグローバルにアクセス可能な金融エコシステムを構築しているかをご理解いただけます。

39 Posts

ブロックチェーンの相互運用性:徹底ガイド

ブロックチェーンにおける相互運用性とは、システムやネットワークが互いに通信し、効果的に相互作用する能力を示すものであり、ブロックチェーンの可能性を最大限に引き出し、真にグローバルで相互接続されたエコシステムを構築するために不可欠なものである。

暗号ガス料金:それは何ですか?何のため?

ガス代」とは、ブロックチェーン上でトランザクションを実行するために必要な計算リソースの量を指す。ガス料金はこうした取引に関連するコストであり、その重要性はブロックチェーンネットワークのセキュリティと効率性を確保する上で明らかである。手数料はネットワークの負荷やその他の要因によって大きく変化する可能性があり、手数料の仕組みや取引への影響を理解することは、積極的に参加したい人にとって不可欠です。

DeFiにおけるイールドファーミングとは:詳細ガイド

すべてを捨てて農家になり、育てたもので生活する。人類の生存の基盤であったライフスタイルは、今や一部の人々の単なる娯楽になってしまった。しかし、デジタル時代に生きる私たちは、農業がもはや必需品ではなくなっても、生活の糧を農業に求めることができるのだろうか? 農業という言葉は、今や本来の意味とは異なる多くの意味を内包している。 実際、直訳すれば「農業」だが、この言葉は現在、遠く離れた分野でも使われている。例えば、ビデオゲームでは、「農業」という言葉は、繰り返しの(しばしば退屈な)行動を行うことを示すが、それによって資源を手に入れたり、レベルを上げたりすることができる。 したがって、デジタル時代の農業とは、あまり楽しくはないが、実行した人にはほぼ確実に報酬が保証される反復行動の実行であり、ブロックチェーンと分散型金融(DeFi)の台頭により、農業は金融の分野でもデビューを果たした。 このSpaziocryptoの記事では、イールドファーミングとは何か、どのように機能するのかを探求し、このデジタル農業の原初的な形態をできるだけシンプルな方法で読者に紹介します! DeFiとイールドフ

暗号取引ボット:どのように機能するのか?

暗号通貨の世界はダイナミックで魅力的であり、急速な価格変動と瞬く間に浮かんでは消える収益機会によって特徴付けられます。 暗号通貨取引ボットとは何か、どのように機能するのか 暗号通貨取引ボットは、人間の継続的な介入を必要とせず、事前に定義されたパラメーターに基づいて暗号通貨の売買取引を自動的に実行するように設計されたソフトウェアです。これらのアルゴリズムは24時間365日稼働し、暗号通貨市場を常に監視し、取引機会が発生すると即座に対応します。幅広いテクニカル指標、統計分析、複雑な取引戦略を用いて、暗号取引ボットは利益を最大化し、金融取引に関連するリスクを最小化しようとします。 自動取引のコンセプトは、伝統的な取引の世界では目新しいものではありませんが、暗号通貨市場では、そのボラティリティの高い性質と、分散型取引プラットフォームで即座に取引を実行できる能力により、広く採用されています。 ボットは、各個人の取引の好みや目的に合わせてカスタマイズすることができ、スキャルピング、裁定取引、マーケットメイクなど、さまざまな戦略を可能にします。安定した利益と使いやすさが約束されているにもか

ライトニング・ネットワークの仕組み:簡単な説明

ライトニング・ネットワークは、ビットコインのブロックチェーンの上に、高速、安価、スケーラブルな取引の可能性を確保するための追加レイヤーとして登場した。この技術は、様々なネットワーク・ユーザー間のチャネルを作成することによって機能し、共有接続と共有チャネルを通じて、分散化された効率的なネットワークが生成されている。 ビットコイン:大きなブロックかライトニングネットワークか 2017年の暑い夏、ビットコイン(BTC)は天文学的な3,000ドルの大台に達した。 サトシ・ナカモトは実際、ブロックサイズを1MBに設定していたが、これはネットワークがもっと普及した場合に保証すべき、また保証できる取引量に対して事実上小さすぎた。 ビットコインの規模を拡大する必要性に直面したコミュニティは、2つの道に分かれました。 - 2つ目の道は、Segregated Witnesses(SegWit)を実装するためのプロトコルの変更を伴う、より複雑な解決策を提案しました。 現実には、どちらの解決策も有効でしたが、ブロックサイズの増加は、性能の低いハードウェアで動作している個々のフルノードをすべて切り

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)とは?徹底ガイド

暗号通貨の世界では、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)が資金調達や金融革新の手段として急速に注目を集めています。ICOとは、企業によるトークンの発行と販売で構成され、プロジェクトを継続または拡大するための資金を得るものです。これは、伝統的な金融における新規株式公開(IPO)に相当する。 スパジオクリプトのこのガイドでは、イニシャル・コイン・オファリングのコンセプトを詳しく探り、リスクや課題とともに、その魅力が高まっている理由を探ります。 イニシャル・コイン・オファリング(ICO) イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は、ブロックチェーンのエコシステム内で資金を調達する革新的な方法です。 ICOの定義 ICOは、組織が新しいトークンを発行し、それを一般に販売するイベントの形をとります。投資家はトークンと引き換えに、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、またはその他のデジタル通貨などの既存の暗号通貨に投資します。これらのトークンは、発行組織が指定するさまざまな特性や効用を持つ可能性があります。例えば、あるトークンはプラットフォームが提供するサービスや製

暗号通貨のマイニング:ビットコインのケーススタディ

この記事の目的は、ビットコインをマイニングするという現象を、徹底的なケーススタディを通して詳しく検証することです。 ビットコインのマイニングとは ビットコインのマイニングは、取引が検証され、ビットコインネットワークの整合性が維持されるプロセスを表しています。"proof of work"として知られる重要な概念に基づいており、ブロックチェーンに新しいブロックを追加するために、マイナーは複雑な暗号問題を解く必要があります。 マイニングプロセスは、ブロック内のトランザクションの収集から始まります。これらの取引はグループ化され、1つのデータセットに暗号化される。 プルーフ・オブ・ワークと分散コンセンサス プルーフ・オブ・ワークの概念は、実行された計算作業を通じてブロックの有効性が実証されることを保証します。採掘者が有効な解決策を見つけると、そのブロックはネットワークに提案され、他のノードによって検証されます。 ハッシュレートとマイニングの難易度 ハッシュレートはビットコインネットワークの総計算能力を表し、1秒あたりのハッシュ試行回数で測定されます。ハッシュレートが高いほど