フィーチャーイメージ

ダオ

Decentralised(分散)Autonomous(自律)Organisation(組織)の頭文字を取った「DAO」の意味に飛び込んでみましょう。Spaziocryptoのこのセクションでは、DAOがどのように従来の組織の概念を再定義し、分散型構造や自律型コミュニティを導入しているかを発見するでしょう。ブロックチェーン上のスマートコントラクトによって管理されるこれらのエンティティのユニークな性質を掘り下げ、暗号通貨の未来を形作る分散型革命におけるその役割を理解する。

3 Posts

DAppとは?分散型アプリケーション

ブロックチェーンとスマートコントラクトの出現により、DAppsは従来のアプリケーションに革命を起こし、分散化、透明性、ユーザーの自律性という新しい視点を提供している。 では、DAppとは何か? DApp(分散型アプリケーション)とは、ブロックチェーンなどの分散型ネットワーク上で動作するソフトウェア・アプリケーションのことです。DAppsは、中央の制御機関なしで動作するように設計されており、スマートコントラクトを使用して、以下を自動化する。

DAOとは何か?完全ガイド

DADOs(Decentralised Autonomous Organisations)は、ブロックチェーンとWeb3テクノロジーにおける分散型、自律型、革新的な組織を表しています。 まさにDAOとは何か DADOは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトに基づいて運営される組織であり、コミュニティの投票を通じて自律的で透明性のある意思決定を可能にします。しかし、何がDADOをユニークにしているのだろうか? DAOの最初の言及は、スマートコントラクトの作成をサポートするように設計されたブロックチェーンプラットフォームであるイーサリアムの登場とともに世界に広まりました。ここでDAOの概念が息を吹き返した。2016年、当時最も有名だったDAOは、分散型プロジェクトの資金調達のためにICO(イニシャル・コイン・オファリング)を通じて資金を調達した。 スパジオクリプトでは、公平で自由な情報源としての位置づけを大切にしています。 スパジオクリプトでは、公平で自由な情報源として自分たちを位置づけることに尽力しています。私たちは分散化を強く信じており、知識と批判的思考を伝える役割を果

MakerDAO:MKRの機能と価値

MakerDAOは、イーサリアムのブロックチェーン上で分散型金融(DeFi)を運用するブロックチェーンベースのエコシステムである。システムの中核はDAIと呼ばれるステーブルコインであり、他のステーブルコインとは異なり、不換紙幣による保証はありません。その安定性は、プロトコル内に実装された一連のスマートコントラクトと経済メカニズムによって保証されている。研究の目的は、MakerDAOプロトコルのMKRガバナンスのトークンの利点とリスクを評価することである。 MakerDAO、簡単な紹介 MakerDAOは、DAIを管理するdAppで、ドルにペッグされた安定コインで、1DAI=1米ドルの関係にある。基本的に、MakerDAOは、ユーザーがDAIを鋳造し、望むように使用するために使用できる担保として、多くの暗号通貨を受け入れます。 不良債権からプロトコルを安全に保つために、各資産に対して鋳造できるDAI量に制限が課されます(上記に関して、注目すべきケーススタディは、各資産に特定の制限が設定されていない、CRVトークンとAAVEマネーマーケットに関わる最近の事件でした)。この上限は資産